本来の自分に還る時間と空間を一緒に創りませんか?

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

こんにちは。
セラピストアワーズのブログを読んでいただき、ありがとうございます。

「あなた本来の輝きを引き出すパートナー」EnergyWorksの梶本由美です。
ヒーリングアイランドジャパンのメンバーは、いろいろなタイプのセラピストさんが集まっています。

ボディやフェイシャルのケアを通して、お話をお聞きしながら、お客さまの心と身体を解いていく。

それぞれが、お客さまが本来の自分に還る時間と空間を創造するプロフェッショナルなメンバーです。

このブログを読んでくださる方が、ちょうどいいタイミングで素敵なセラピストに出逢われることを願っています。

私はお客さまとの対話を通して、心と思考の整理を担当します。
コーチングというコミュニケーションの方法をベースに、
お客さまの内側にある(無意識の)本音や本物の答えを引き出しながら、
その方の得たいゴールに向かって伴走します。

「コーチング」って、

目標達成や結果を出すために激を飛ばされたり、お尻を叩かれるイメージをお持ちの方もいらっしゃるんですが、
もちろん、それだけではないんですよ。それに、その関わり方は、合う方と合わない方がいらっしゃいますね!

では、ちょっとイメージしてください。

 

マラソン大会で走るランナーの傍らには、つかず離れず近くを走る人がいるのを見ることがあります。
ランナーの調子に合わせて少し前を走ったり、ぴったり横を走ったり、ずっと先を走って全体の様子を見るとまた戻ってきたりします。

時にはランナーに飲み物を差し出したり、
「あと〇〇キロ」「ペースが少し速いよ」と現状を知らせてくれたり、
「この先は上り坂だ」と先の見通しを伝えてくれたり、
「ファイト!」「いい感じだよ!」と応援してくれながら、ゴールまで一緒に走ります。
それが“コーチ”です。

ある「婚活中」の女性グループに、結婚のイメージについてお話を伺っていた時のことです。
「結婚式は〇〇で、旅行は〇〇に行きたいです」
「仕事はしたいけど、今の会社は残業が多いから子供ができたら辞めます」
「最初はマンションに住んで、いずれは郊外に一軒家がほしい」などなど。

さらにイメージを明確にするために、写真を使ってビジョンボードを作っていただいたら、
ウェデングドレスの女性、外国風のチャペル、紺碧の海の中に建つコテージ、
美しい写真でボードは埋め尽くされます。女性たちの瞳も笑顔もキラキラしています。
夢はふくらみますね!

でも、「え???」と思うことがありました。
写真の風景にパートナーの姿がない!
花嫁や結婚式や新婚旅行の先にある人生がイメージされていない。
「男性が居ない」ビジョンボードがあったからです。

勘のいい方はもうお気づきですよね。
そう。その方の本音は「(今は)結婚したいと思っていない」のでした。

もう年頃だから。まわりが次々に結婚しているから。
親を安心させたいから。独身でいるのは寂しいと思われるから。
という、自分の外側の理由で「婚活」に勤しんでいたので、
男性から気に入られても、なかなか決断ができなかったそうです。

「本当は、今は結婚したくないと思っていらっしゃいませんか?」と投げかけた時の
彼女のちょっと驚いた後の、安堵の表情が印象に残っています。

これはわかりやすい例えとしてお話しましたが、誰にも当てはまることだと思うのです。
私たちは「ねばならない」「これしかない」と考えて行動するときは、
たいてい自分の気持ちが置いてきぼりになっていますね。

現実はうまくいっているのに、心から幸せを感じない時も、同じかもしれません。

人生の中で、同じところをグルグル回っているような気持になったとき、
この道でいいのか?不安になったとき、
自分の現在地をまず確かめることが大事です。

そのまま進むと自分が行きたい方向に向かっているかさえもわからないのです。
そして「私は本当にそこに行きたいのかな?」と考えてみる機会なのかも知れません。

そんなときは、立ち止まって客観的に心と思考の整理をすることから始めませんか。
本当の自分の気持ちに気づいて、認めることから、
自分らしい人生の時間と空間を創造できる。

それは、誰でも、いつでも、どこからでも始められるのだと思います。
あなた本来の輝きに立ち還る旅(マラソン大会!)に、
ご一緒できたらとても嬉しいです。

 

エナジーワークス 梶本由美
http://healing-island.jp/expert/159.html

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP