セラピストアワーズの利用法

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

トータルアロマプロデューサー の 高松 春后です。

このブログをご覧いただき、ありがとうございます。
セラピストアワーズのブログが2巡目になりました。

 

2月は、第1回目のメンバーが講師になる持ち回りのセミナーを開催しました。
その際の条件が、その人が持つ既存の商品としてのセミナーではないことです。

他のメンバーが講師についての生き方や得意分野
など興味がある内容を依頼しています。

トップバッター講師は、ホメオパスの森本千佳さんに

「伝わる情報発信 ブログ、メルマガ、そしてFB」と題してお願いしました。

森本千佳さんのページはこちら
http://healing-island.jp/expert/251.html

参加者全員 中身の濃い内容に、これからの 大きなヒントをもらうことができたと思います。

セラピストアワーズは それぞれ同じような近い領域にいるけど、それぞれの個性で
伸び伸びと仕事をし、お互いを尊重し合える関係というのが、一番の強みです。
この持ち回りセミナーも、それを皆が感じられる 大切な機会だと思っています。

次回は、3月は21日(火)の朝10:00から 安村侑笑さんより、タイトルは未だ決まっていませんが
フィリピンとの絆やボランティア、ビジネスチャンスなどについてお話いただく予定です。

メンバー以外の方も、このセミナーには参加できますので、
興味がある方は お問合せください。

 

前回もセラピストアワーズの事をお伝えしていたので、
今回は、私自身の仕事のことも少しお話させていただきます。

私のサロンは、私の年齢と同じような 築50年以上となるビルの1室です。
玄関のドアの前には、牛乳瓶入れや新聞入れがあり
日本の生活の移り変わりを感じさせる場所です。

その頃からしても、私たちの生活や情報量は本当に大きく変わりました。
必死に情報化社会について行っている 自分がおります(大汗)

これだけ便利になると、なかなかその便利さを手放すことがむずかしくなります。
現代人に毎日入ってくる1日の情報量は、200年位前からすると一生分の情報量だとか!?

だから脳疲労が進むのですね。。

最近、海外に行った際や、来日する海外の男性を見て
他の同じようなアジアの国々の方々と比較しても
日本人の若い男性が華奢で、さらに草食性(!?)が
強くなっているように見えてしまうのですが、私だけでしょうか?

これだけ、脳を使うことが増え、人との関りが希薄になり
外で遊ぶ子供をあまり見ない日本の行く末はいかに・・・。

と 憂いでばかりもいられませんので
私の主な仕事の一つで、子どもから大人まで気軽にリラックスし、
サロン以外の家庭や職場などでも行える
アロマヘッドヒーリング® のメソッドをまとめ お伝えしています。

情報量が一番多い 働き盛りの人たちに、気軽に受けていただけることは
特に重要なことだと感じています。

少しずつですが、九州、北海道、関東、関西・・・と
セミナー開催やサロン、職域で実践されております。

元々は、お客様や家族のために行っていたケアでしたので
サロンワークをされている方々には特に受け入れていただきやすいものだと実感しています。

アロマヘッドヒーリング®が出来た理由(shrim-cozyspotのブログより)
http://shrim.jp/aroma-head-healing/ahh-for-reason/

 

セラピストの仕事は、人が喜んでくれる事で 自分自身も幸せホルモンを分泌させ
ハッピータイムを共有できる ありがたいお仕事です。

これから、お客様にとっては 特に個人や少人数のサロンなどは、
人の目も気にならず、ゆっくりとくつろげるスポットとして
ますます重宝されるのではないかと思っております。

職場や周りにはだんだん言えなくなる本音をさらけ出しても、
セラピストには守秘義務がありますので
秘密を外に出す漏らすもありません。

定期的に(毒を吐く)場所!?としても利用いただきやすいところです(笑)
もちろん、その毒さえも それぞれのセラピストが
浄化できる術を備えていますのでご安心ください。

 

セラピストアワーズ メンバー とのセッションやサロンで
貴方とセラピストの幸せ時間を共有していただき
心身の健康につながることを願っております。

 

セラピストアワーズ代表 高松 春后
http://healing-island.jp/expert/76.html


 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP