セラピストアワーズ ジャパン オフィシャルブログ

アロマが変える世界

2018/10/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

友だち追加

セラピストアワーズのブログにお越しいただき、ありがとうございます。

トータルアロマプロデューサー の 高松 春后 です。
私は、アロマや癒しというベースで 自身でまとめたメソッド、アロマヘッドヒーリング® の施術 や 教育の他に 空間セントプロデュース の仕事をしております。

今回は、そのセントプロデュース についてお話いたします。

香りのイメージ

香りのイメージは、その香りを嗅いだ途端に じんわりと脳裏に浮かびます。
「○○のかおりかな・・?」とぼんやりと以前に体験した映像が浮かんできます。

特に好きな香りだったら、その香りとともに経験した良い思い出が、
逆にゴミやトイレなど悪臭の香りだと、悪いことを思い出されることが多いようです。

しかし、経験によって香りの良し悪しが 大きく変わってきますので、
一般的に人が嫌う香りを嗅いでも良い思い出と一致していると、
その人はその香りを嗅ぐと幸せと思えたりするの不思議です。

また、視覚での経験は、次の日には半分位は忘れていますが、
嗅覚では、長年忘れていたとしても その香りを嗅いだ途端に、思い出すことが多々あります。

以前、老健施設でアロマトリートメントのボランティアをさせていただいた頃、
マッサージオイルを嗅がれると 何人ものお年寄りが、
それに纏わる昔の思い出を語ってくださいました。

匂い分子と嗅覚器

匂いの分子は,わずかに構造が違うだけでも全く異なった匂いになったり,
異なる構造なのに よく似た匂いになることもあります。
また、同じ分子式だとしても 二重結合の位置がずれている
だけで違うにおいになったりします。

例えば、バラ(ローズ)は、太古の昔から人々に愛され 高価なものでしたが、
花に含まれている香りの分子が少なく、抽出するのも大量のバラが必要ですので、
全く違う植物でも香りが似ていて安価で採れるものが代用されていました。
また、ローズ○○ や ○○ローズという名前をつけられている精油名もあります。

匂いの分子は数十万種以上あるのですが、それをキャッチする鼻の嗅覚受容体は
400程しかないといわれています。
それぞれの嗅覚受容体は, 特定の匂い分子だけでなく,
構造的に似ている複数の匂い分子を認識します。
一方、ひとつひとつの匂い分子は,複数の嗅覚受容体によって認識されるようになっています。

嗅覚受容体から電気信号に変換された匂いの情報は、
前頭皮質嗅覚野へ情報が伝達されると匂いに対するイメージが作られ、
扁桃体や視床下部へ届いた信号は,情動の変化などに変換され,
内分泌系や自律神経系への影響を及ぼします。
また、海馬へ伝えられると、ほかの情報とともに匂いの記憶が形成されます。

疲労と香り

私たちの脳は、日常生活の中で大量の情報やストレスにさらされ、
脳の神経が炎症を引き起こしていくそうです。
さらに神経伝達機能の低下を招き、それが元となり疲労感が誘発されます。

脳疲労は、痛みなどの自覚症状がありませんし、やりがいや達成感などの喜びで、
脳をマスキングしてしまい、疲労として感じないこともあります。

仕事を続けていて、飽きてきたり、眠くなったり、ミスが増えるのは脳疲労のサインだと言われています。
脳疲労を知らせるサインに気づいて、休憩や気分転換を心がけられるといいですね。

香りを嗅いでイメージが浮かぶということは、右脳を働かせていますので、
左脳ばかり使っているような時には、瞬時にブレイクタイムにもなるはずです。

アロマは、疲労感の軽減に導き、免疫力をアップし、仕事のミスを少なくさせる、
集中力を高めるなどの効果があるという実験結果も多数出ています。

職場に香りがあるということは、そこで働いている人達にも良い影響を及ぼします。

セントマーケティング

焼き鳥やパン、お菓子、コーヒーショップなど 定番の食欲を誘う香り漂う飲食店では、
香りに誘われて、ついつい入ってしまったということ経験をお持ちの方もあるでしょう。

また、どこから香ってくるのかわらないけど、なんだか気分が良くなったり、
しばらくそこに居たくなるような場所があったかもしれません。

ホテルや企業、学校、病院、SCなどに、ほのかに香りが漂っていることに気づかれたことはありませんか?

香りは、商品やホスピタリティを高く感じさせ、
ブランドやその空間の価値をさらに高めて記憶に残してくれます。

お世話になっている企業の担当者様にいただいた、

香りは わが社の秘密兵器です。

との お言葉のパワーに感謝でいっぱいになりました。

現在、80ヶ国で展開されている エアアロマジャパンの販売パートナーとして、
アロマプロデュ―スをさせていただいてます。

国や地域、季節によっても、多く好まれる香りがありますが、

○○国の△△(施設名)で嗅いだ香りが欲しい

と問合せをいただくこともしばしばです。

旅行などの良い思い出は、香りを嗅ぐと思い出され、また幸せをもたらしてくれますね。

また、職場の香りを購入したいという従業員の方も多くいらっしゃいます。

一般的には、仕事とプライベートの香りを変えた方が気分転換になりそうですが、
職場の香りが好きということは、職場の環境が良好と感じられていることと とうれしく想います。

香りは結界

古代から神々は良い香りを纏って天から降りてくると信じられていました。
良い香りのする空間では、神聖な気持ちになることもあります。

香りには、抗菌・抗ウィルス効果の高い成分が多く含まれています。
全国的にもまだ少ないとは思いますが、保育園などにも導入いただいています。
先生方から、鼻をグスグスされている園児さんが少ないとのお声をいただいております。

一概には言えませんが、そのような香りの空間に入れば、癒されたり、
安心して守られている・・・そんな感じになる時があります。

病気から身を守ってくれたり、ストレスや疲労感を軽減させてくれるということは、
結界がはられている中に身を置いているのだと思います。

世界をいい香りに!

 

セラピストアワーズ代表 高松 春后
http://healing-island.jp/expert/76.html

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Therapist Hours Japan Blog , 2017 All Rights Reserved.