セラピストアワーズ ジャパン オフィシャルブログ

日焼け止めとクレンジングとその奥にあるもの

2018/08/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

いつもブログにアクセスして下さってありがとうございます。

北九州市小倉にてオールハンドのボディ&フェイシャルトリートメントを

行っております、ビタミンハートの小林佳津子です。

 

毎日暑い日が続いていますね。

日差しが強すぎて日傘や帽子で外に出てみても下からの

照り返しがどうしようもない気分にさせられませんか?

あーー・・・(+o+)

それでも一番紫外線が多いと云われるこの季節。

日焼け対策はしっかりしておきたいもの。

日の光をさんさんと浴びた晴れの日も

雲に覆われてどんよりした曇りの日も紫外線は存在します。

紫外線というと真っ先にシミ・そばかすが心配になります。

でもそれだけではありません。

例えばニキビ。

これは紫外線により悪化してしまうことも。

さらにしわやたるみも紫外線は影響してきます。

皆さんもきっと肌のために気を付けているという人が多いでしょう。

乳液やクリーム、ファンデーションにも日焼け止め成分の

吸収剤や散乱剤が入っていることが多いので

防御する意味でつけるのも必要でしょう。

普段メークをしない人でも日焼け止めだけはするという人も

いらっしゃいますね。

この時期からは特にSPF値を上げて選ぶ人も多いのでは。

その反面肌の負担が強くなって逆に荒れるという人も・・私もその一人ですが。

その分しっかり落としましょう。

落ちにくい日焼け止めもしっかりメークも密着感が高い分

落とし残しがないように。

クレンジングは重要ですよ。

そのままにしておくとそれが毛穴づまりとなり

ニキビになったり肌トラブルの原因ともなります。

皮脂もです。

放っておくと紫外線により酸化して肌に

ダメージを与える物質に変化してしまいます。

クレンジングで丁寧に落としてほしいものです。

クレンジングで気を付けたいのは自分が思っている以上に

やさしいタッチでよいのだということ。

私がお客様と話していて多く感じる部分です。

こすってる感が強い方がとーっても多いのです。

クレンジングでついでにゆっくりマッサージする人もいるかもしれません。

私は別々でやって欲しいなーと思います。

お忙しい中の時間短縮の意味でやっているかもしれません。

クレンジング剤は物にもよるでしょうが

洗浄成分が含まれる分長時間のせておくべきではないかと。

なので浮き上がったら素早く洗い流し、

その際も強くゴシゴシしないでほしいです。

丁寧にやるのと時間を長くかけるのとは意味が違ってきますからね。

しっかり落とした後はクリームなりオイルなりで

じっくりマッサージしてあげてください。

あ、でも日焼けがひどくて赤みが出てるような時には

マッサージはおススメしません。

私、しっかり落として欲しいといいましたが、

クレンジングして洗顔して それでも落ちが悪いからと

何回も洗顔してキュッキュッするほどやりたい方・・

それはやめましょう。

さっぱりした感じかもしれませんが

表面の皮脂だけでなくさらに奥の潤いまで抜けた状態に

なってしまうからです。

日本人の肌は思った以上に乾燥肌の人が多いです。

お肌の潤いは保ちたいもの。

肌の潤い・・・これは外から与えられるものではありません。

元々肌の中からのものであり潤いの要であるセラミドや表皮の

中から作られるのです。

潤いが外にとんでいかないよう留めてあげること。

それが保湿です。

肌のバリア機能を壊さないよう保湿ケアを行っていきましょう。

トラブルにも備えてこれからもっと暑くなりそうな夏を乗り切りましょう!

 

ビタミンハート 小林佳津子
http://healing-island.jp/expert/183.html

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Therapist Hours Japan Blog , 2017 All Rights Reserved.