セラピストアワーズ ジャパン オフィシャルブログ

自分の強みを見つけよう② 

2018/08/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

-あなたの強みは何ですか?-
-あなたにはどんな才能がありますか?-

強みって何だろう?

「強み」と聞いて、何を思い浮かべますか。
得意なこと、ほかの人よりもうまくできること、でしょうか。
私たちは無意識に自分と周りと比べて、自分のできていない部分、弱点の方に目が向きがちです。
「会社で上司の評価が高いのは、会議でも物おじせず積極的に発言していく人で、自分はおとなしく目立つタイプじゃないので、なかなか評価されないのです」というのは、アピールが上手いのは強み、おとなしく控えめなのは弱みという、上下や優劣の基準で判断しています。
しかし、強みの本質は一人ひとりの違いです。その人のどうしてもそうなってしまう傾向性であり、強みは上下ではなく、横並びの「違い」です。
その人特有の感じ方・考え方・行動の傾向性であり、それを活かせば「強み」になり、間違った方向に使ってしまうと「弱み」にもなるものです。

例えば、初めての仕事に取り組むときに、その人特有の傾向性があります。
この仕事を達成したら、どんなに素晴らしいことが実現できているだろう、とイメージするとワクワクしてやる気になる「未来志向」。
そもそもこの仕事の目的は何か、会社全体の目指す方向性との関連性はどうだ?に意識が向く「原点思考」。
とにかく動きださなければ何も始まらない、失敗は想定内、走りながら修正をかけようと取りかかる「活発性」。
行動する前に、問題が起こる可能性、失敗する可能性がないか、リスクマネジメントしたい「慎重さ」。
チームメンバーの合意は取れているか、温度差は生じていないかに気を配る「調和性」。
やることがたくさんある方が充実感がある、やり遂げるまで休み時間なんて必要ない、走り続ける体育会系の「達成欲」。
などなど。

物事の進め方、達成の仕方は、一人ひとり違います。
どれがいい、悪いではない、違いなのです。
その「感じ方・考え方・行動パターン」の傾向性に名前を付けのが「未来志向」「原点思考」「活発性」「慎重さ」などの資質名で、ストレングスファインダー®という強み発見ツールの言葉です。

ストレングスファインダーとは?

ストレングスファインダー®を受けた人の数は、2017年初頭に全世界で1500万人、日本で45万人を超えています。
この数字から、世界中の多くの人が、自分の才能について知りたいと考えていることがわかります。
ストレングスファインダー®の開発は、200万人に対するインタビューから始まりました。

ある人が成果を出しているときに無意識のうちにどんな才能が使われているのか?を探るインタビューから、
5000個以上挙がってきたものを最終的に34個の資質にまとめました。
(詳しくは「さあ、才能に目覚めよう」をぜひお読みください)

ストレングス本

ストレングスファインダー®のウェブ診断を受けると、34資質のうち1番目から5番目までのTOP5の資質がわかり、
レポートが提示されます。

梶本は「1.最上志向、2.着想、3.親密性、4.共感性、5.ポジティブ」の資質がTOP5です。
本の解説やレポートを読んで、自分の傾向性は理解できますが、
「なるほど。あたってるね。そういうところ、あるある!」そのままではもったいないです。
自分の持っている資質をどんな場面でどのように使っているか、あるいは使えていないか、残念な使い方になっていないか、考えてみる。

そこからが、強み使いのスタートです!

日本におけるストレングスファインダー®の第一人者・森川里美コーチから資質の読込みをプレゼントしていただいたので、
私は勉強会やセミナーに毎回持参しています。
自分の強みを常に自覚するためでもあり、その場にいらっしゃる方の強みにフォーカスするアンカリングになっています。

ここでもご紹介しますね。

『人と関係性を作っていく時に、広く浅い関係ではなく、1人1人としっかり向き合い、辛い経験をしていても、その気持ちを受け止めながら見方を変えるリフレ―ミングをしていく。時間をかけて相手の優秀さを育て引き出し深く長い信頼関係を作っていくのが梶本流ですね』

このように、TOP5の資質がお互いに関連し合って強みとして発揮できたら、
その人だけのオリジナルの輝きを放つことでしょう!

 

自分だけの強みを見つけてみませんか。

このブログでは、アメリカの調査会社であるGallup社が開発したストレングスファインダー®の強みの見つけ方、捉え方、活かし方を、シリーズでお伝えしていきます。

次回もストレングスファインダー®の使い方について、お話しようと思います。
興味のある方は、ぜひ本を手に取ってみてくださいね。
ストレングスファインダー®を開発したギャラップ社認定のストレングスコーチが日本各地でセミナーや勉強会、
資質の読込みを行っています。

ご興味のある方はお問合せください。

 

エナジーワークス 梶本由美
http://healing-island.jp/expert/159.html

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Therapist Hours Japan Blog , 2017 All Rights Reserved.