セラピストアワーズ ジャパン オフィシャルブログ

子どもは育てられたように育つ

2018/08/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

子どもを愛せない

学校は夏休みに入り、子どもたちが家に居る時間、子どもたちと一緒に過ごす時間がぐっと増えますね。
この時間を楽しむことができていますか?
それとも、苦痛に感じていますか?

子どもとの時間を楽しめないという人は、子育てそのものも楽しくない、自分には向いていないと感じているのではないでしょうか?

『親は子どもを愛するものだ』と当然のことのように言われることが多いですが、「子どもを愛せない」、「子どもをかわいいと思えない」と悩むお母さんが、実際にはたくさんいるのです。
他にも、「カッとなって、子どもをひどく怒ってしまう」、「抱っこ・ハグができない」という人もいます。

「子どもを愛したい」、「子どもをもっとかわいがりたい」、「もっといい親子関係を築きたい」と思うのにできないから、苦しみ、悩むのです。

子は親に育てられたように育つ

【子は親の鏡】、【子は親に育てられたように育つ】と言われます。

子どもは、親が思うよりもずっと親の姿をよく見ています。
親の言葉よりも、生き方や考え方など、ありのままの姿(隠しているつもりの本音の部分も)をよく覚えています。
親の喜怒哀楽の表し方や、人間関係の築き方、物事の取り組み方などなど、親の姿が、大きな影響力を持つお手本となるのです。

ドロシー・ロー・ノルトの【子は親の鏡】という詩の一部をご紹介します。
けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
(途中略)
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
(以下略)

これは、1950年代に書かれ、その後いろいろなタイトルや訳で世界中に広まっているとても有名な詩で、今も多くの人々に共感され、読まれ続けています。

親子関係の改善のヒント

あなたは、親に育てられたように育ったのです。
今、自分でもどうしてだかわからずに悩んでいる、自分と子どもの間で起きていることを見ていくには、自分と親の関係を見ていくことが、関係改善のヒントとなります。

あなたは、どんな風に育てられましたか?
〇あなたとの時間を、一緒に楽しんでくれていましたか
〇あなたが感情を表現した時に、「そうなんだね」と受け止めてくれましたか
〇いつも「ああしなさい、こうしなさいと」指図されていましたか
〇結果だけでなく、その過程も見てもらいましたか
〇あなたの目を見て、話を聞いてくれましたか
〇「ねぇ、お母さん」と呼びかけたとき、「後で」や「うるさい」と言われていませんでしたか
〇親の機嫌がコロコロと変わったり、急に夫婦喧嘩が始まったりしていませんでしたか

欲しがるだけ、十分に愛情をかけてもらった子どもは、大人になり、親となったときに自然と子どもに愛情をかけることができるのです。

「子どもを愛せない」、「子どもをかわいいと思えない」と悩み、このままじゃイヤだと感じているのなら、まず、自分が子どもの頃にどんな風に接してもらっていたのか、そしてその時にどんな感情を感じたのかを見つめてみるといいでしょう。

自分の生き方や子どもに対する振る舞いが、いかに親をお手本としているかに気づくことでしょう。
(そのまま身についている場合も、反面教師としている場合も、どちらもお手本なのです)

自分を見つめることが、一人では難しいならば、心理セラピストに相談することをおススメします。
「こんなことを言ってもいいのかな」「自分の問題は大したことないかもしれない」と思って、ずっと一人で悩むよりも、もっと気軽に利用していただければと思います。

子どもは、親をお手本としますが、成長するにつれて、そのお手本が、自分が欲しいものじゃない、違う生き方がいいと決断したら、手放すことも書き換えることもできるのです。
人は、本当に自分が望む生き方を選ぶ力も、持っているのです。

そうして、自分の生き方を自分で選び、「子どもを愛せない」と悩んでいたのがうそのように、自然に、楽に、子どもを愛することができるように変わった人たちもたくさんいるのです。

 

福岡県 心理と子育てのセラピールーム 「こころのまど」 待鳥智美 http://healing-island.jp/expert/223.html

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Therapist Hours Japan Blog , 2017 All Rights Reserved.