深呼吸、できていますか?

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island


 

「地域を彩る女性起業家」マルシェに参加します。
http://healing-island.jp/news/event-womenentrepreneurs-2017-11-9


 

第1回 セラピストのための医療セミナー
  テーマ:総合医療からみた現代の病気

皆様、こんにちは!
心身魂のバランスケアサロン[アロマ&ヒーリング ネロリ]の矢田ふみです。
サロンでは、自然の植物の香りとオールハンドトリートメントを通して、
お客様の「心身+魂」を整えるお手伝いをさせていただいております。

深呼吸ができない?

わたくしのサロンでのメニューの中に、
深呼吸とストレッチを組み込んだものがあります。

誘導にしたがって数回、深い呼吸をしていただくのですが、
このときに「深呼吸がうまくできない」方が多いのです。

ご本人も、あまりのできなさに驚かれるほどです。

すぐに苦しくなってほとんど吸うことができなかったり、
長く吐ききることができずに息が止まってしまったり。

なぜ、深呼吸がうまくできなくなってしまっているのでしょうか。

呼吸とストレスの関係

呼吸はストレスと密接な関係があります。

施術の入る前のカウンセリングの際、わたくしがよく訊ねる項目のひとつに
「息苦しさを感じますか?」
「のどに梅干の種が詰まったような感じがしますか?」
というものがあります。

これはストレスチェックのひとつです。

ストレスを感じると身体は緊張し、
緊張すると肋骨や横隔膜の動きも悪くなります。

呼吸そのものは肺の仕事ですが、
肺は自分で膨らんだりしぼんだりすることはできないため
肋骨や横隔膜の力を借りて仕事をしています。

つまり、肋骨、横隔膜の動きが悪くなると
呼吸がさまたげられて浅くなってしまうのです。

慢性的なストレス状態が続いたり
じゅうぶんな休息が取れていないと
常に呼吸は浅く、末端まで新鮮な酸素が届いていない状態になります。
このことが肩こり、冷え、便秘などの原因にもなってしまいます。

さらに状態が進むと
のどに梅干の種のようなものが詰まっているような違和感を常に感じるようになります。
わたくしもかつて経験したことがあるのですが、ここまでくるとかなり極限状態に近いです。
もしこのような状態になったら、早急なケアが必要です。

腹式呼吸と胸式呼吸、リラックスにはどっち?

ぜひおすすめしたいのは、
心身の不調を改善するためのセルフケアのひとつとして
普段から毎日時間をとって深呼吸を行うことです。
地味すぎて重要視されないことが多いのですが・・・(笑)
わたくしはストレッチと深呼吸をセットで日課にされることをおすすめしています。

ところで呼吸には腹式呼吸と胸式呼吸がありますが、
リラックスに適した呼吸法はどちらだと思われますか?

答えは・・・腹式呼吸です。

腹式呼吸は副交感神経を刺激して、
全身の緊張を緩めてくれる呼吸法です。

心身をリラックス状態にして身体を柔らかくし、
ポーズをしたときに気持ちよく伸びるようにするため
ヨガの呼吸法は腹式呼吸です。

(それに対しわたくしはピラティスを習っているのですが、
身体をわざと緊張状態にして筋肉により負荷をかける目的のため、
ピラティスの呼吸は胸式呼吸なのです。)

ですので、セルフケアの深呼吸は腹式呼吸のほうを行いましょう。

ネロリ流セルフケア深呼吸のやり方

わたくしがお客様におすすめしているセルフケア呼吸法をご紹介します。
夜、電気を消してベッドに入ったあと眠るまえに行います。

①まず軽く大の字になって全身をゆらゆら揺らし、身体の緊張を緩めます。

②丹田(おへその下約9cm)のあたりに両手を重ねて置き、てのひらのあたたかさを意識しましょう。

③まず、吐きます。丹田を意識したまま、体内の古い気を完全に吐ききるイメージで。

④ゆっくり5秒、鼻から大きく吸います。おなかに新鮮な空気が入って横隔膜が押し上げられるのを感じてください。

⑤おなかいっぱいに空気が入ったら、3秒止めます。

⑥ゆっくり7秒で口から吐ききります。口の形は「フー」ではなく「ハー」。横隔膜が下がるのを感じましょう。

※④~⑥を5~10回ほど繰り返します。

最初は思っている以上にうまくできないかもしれませんが、
だんだん深く呼吸ができるようになってきますよ。
何よりもまず、呼吸を意識をする時間をとることが大切です!

アロマ&ヒーリング ネロリ 矢田ふみさんの
トゥルーラベンダー×東洋医学で体質別セルフケア
http://healing-island.jp/news/8th-seminar


 

おわりに

「ジムに通わなきゃと思うけど、時間がなくて・・・」
「サロンでの定期的なお手入れを受ける余裕がなかなか・・・」
というお声をいただくことが多いです。

多くの方が健康や美容のために何かしなきゃ、と思ってはいるけれど
なかなか難しい、ということでしょう。

でも・・・実は、お金と時間をかけなくても、
ご自宅でできるセルフケアはいろいろとあります。
そして、そうした日々のケアが長い目で見たときにもっとも効果を発揮するものです。

今回ご紹介したセルフケア深呼吸は、ほんとうに地味です(笑)
が、ぜひ寝る前の習慣として取り入れてみられてください。

忙しい毎日の中、身体を意識するひとときがあるとないとでは、
思っている以上に差が出てくるとわたくしは思っています。

~お知らせ~

12月5日(火)10:30~12:30、
[セラピストアワーズ第8回定例セミナー]講師をわたくし矢田ふみが担当させていただきます。

テーマ「トゥルーラベンダー×東洋医学で体質別セルフケア」

ご興味がございましたら、ぜひご参加いただけると嬉しいです!
詳しい内容は以下のリンクをご覧ください。

http://healing-island.jp/news/8th-seminar

 

アロマ &ヒーリング ネロリ 矢田文
http://healing-island.jp/expert/200.html

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

関連記事

最近のコメント

    PAGE TOP