最高のバスタイム

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

 

アロマ&ヒーリング ネロリ 矢田ふみさんの
トゥルーラベンダー×東洋医学で体質別セルフケア
http://healing-island.jp/news/8th-seminar

 

 

皆様、こんにちは!
心身魂のバランスケアサロン[アロマ&ヒーリング ネロリ]の矢田ふみです。
サロンでは、自然の植物の香りとオールハンドトリートメントを通して、
お客様の「心身+魂」を整えるお手伝いをさせていただいております。

大切なことなのでもう一度言います

このブログを読んでくださっている皆さんは、
健康や美容への関心の高い方々だと思います。

また、わたくしのサロンにいらっしゃるお客様も、
ご自身の健康維持やアンチエイジングにとても関心をお持ちです。

そんな中、
「関心はあるし、何かしなくてはと思うけど、特に何もしていない。」
とおっしゃる方が多いのです。

健康や美容のために何かをすることは特別なことで、
「時間やお金の余裕がないとできない」
もしくは
「どこかに通わないとできない」
というイメージを持たれているのかもしれません。

ここで、先月の記事の「おわりに」に書いた内容をもう一度。

…………………………………………….

「ジムに通わなきゃと思うけど、時間がなくて・・・」
「サロンでの定期的なお手入れを受ける余裕がなかなか・・・」
というお声をいただくことが多いです。

多くの方が健康や美容のために何かしなきゃ、と思ってはいるけれど
なかなか難しい、ということでしょう。

でも・・・実は、お金と時間をかけなくても、
ご自宅でできるセルフケアはいろいろとあります。
そして、そうした日々のケアが長い目で見たときにもっとも効果を発揮するものです。

今回ご紹介したセルフケア深呼吸は、ほんとうに地味です(笑)
が、ぜひ寝る前の習慣として取り入れてみられてください。

忙しい毎日の中、身体を意識するひとときがあるとないとでは、
思っている以上に差が出てくるとわたくしは思っています。

…………………………………………….

そうなんです。

月1~2回だけジムやサロンに通うよりも、
日々の生活の中でちょっとしたセルフケアを毎日するほうが
長い目で見ると効果を発揮します。

その一例として、先月は「深呼吸」をご紹介しました。
今月は・・・「お風呂」です。

ちょっとしたことで、毎日のお風呂が
美容と健康のための最高のバスタイムになりますよ。

今回のテーマは、お風呂

おうちセルフケアの第一歩として、断然「お風呂」をおすすめします。
とにかく、シャワーで済ませずに毎日湯船に浸かってほしいのです。
季節を問わず、夏でも冬でも。
毎日が難しい方は、せめて週に1回でもお湯をためてゆっくり浸かる日を作ってください。

お風呂には「温熱効果」以外にも、
わたしたちに効果をもたらしてくれる側面があります。

それは「水圧」と「浮力」です。

~水圧~
湯船に浸かると、全身にくまなく水圧がかかります。
お風呂に浸かるだけで、なんとウエストは5センチ、ふくらはぎは1センチほど細くなると言われています。

水圧の持つ効果は、ずばり「マッサージ効果」。

サロンで全身マッサージを受けたときのように、
全身の血行がよくなり、新鮮な酸素や栄養が身体のすみずみまで行きわたります。
このことにより、手足の冷えが改善されたり、肩こりや腰痛が軽くなる効果も期待できます。

~浮力~
全身をお湯に浸けると、浮力がはたらきます。
このとき、湯船の中では少し浮いている状態になっており、普段より体重が軽くなっています。

これが実は、
・生真面目タイプで身体にいつも力が入っているような方
・いつも疲れていてだるさを感じている方

にとてもよい効果を発揮します。

サロンのお客様にも、ストレスにより身体に無意識に力が入っていて
「どうやって抜いていいかわからない」という方がいらっしゃいます。

お風呂に浸かっているあいだは、何も考えなくても身体の力が抜けて
自然にリラックスしています。
呼吸も深くなり、心身ともに緩んでいくのを感じていただけると思います。

~温熱効果~

「からだを温めるのはよいこと」というのは、もはや共通認識なのではないでしょうか。
湯船に浸かり、全身を温めることにより以下のような効果が期待できます。

★疲労回復
★新陳代謝が活発になる
★温まった血液が脳まで届き、気持ちが落ち着く

温度によって効果が変わる

ところで、熱めのお風呂に入るかぬるめのお風呂に入るかで、
効果は変わってきます。
体質や目的、シチュエーションに合わせてお風呂の温度も変えてみましょう。

~ぬるめのお湯(37℃~39℃)~

ぬるめのお湯での入浴は、副交感神経を刺激してリラックスを促します。
寝る前の入浴におすすめです。
腎臓の働きを活発にして水分代謝を促すので、むくみに効果あり。
忙しく考え事をしている脳を休めてくれます。
お肌には、美肌効果を発揮します。

~熱めのお湯(40℃以上)~

朝、シャッキリと目覚めたいときや爽快感が欲しい時には
熱めのお風呂にさっと入りましょう。
交感神経を刺激して、やる気を出させてくれます。
血圧を上昇させて活発に動けるようになります。
また、皮ふの毛穴が最も開くのは41℃で、毛穴に詰まった老廃物を排出してくれます。

ただし、熱めのお湯に長く浸かると
心臓に負担がかかったり、皮ふのきめが粗くなる可能性もあります。
あくまでも短めに!

ちょっとひと工夫

お気に入りの「お風呂アイテム」があれば、
ますます毎日のバスタイムが楽しみになります。

実はこのひと工夫が、毎日楽しく幸せなバスタイムを過ごすためのポイントかもしれません。
ひと工夫というのは、「ちょっと何か入れる、または持ち込む」ことです。

・たとえばバスソルトを入れると、お湯がやわらかくなり温熱効果が高まります。
冷え症の方、人ごみに疲れやすい方にはソルトがおすすめです。

・お肌の乾燥が気になる方は、バスオイルやバスミルクを。

どちらもナチュラルな素材から作られた、
香りも天然のエッセンシャルオイルを使ったものが望ましいです。
自然のパワーで心身のバランスを整えてくれます。
オーガニックショップなどでお気に入りを探してみましょう。

・キッチンにある材料で手作りすることもできます。
わたくしは、はちみつとお塩にエッセンシャルオイルを加えて練ったものを
湯船に入れるのが大好きです。
お肌がしっとりやわらかくなり、優しい香りに癒されますよ。
「魔女のバスタイム」、略して「魔女バス」と呼んでます 笑。

・ぬるめのお湯で20~30分半身浴をしながら、
ふやけてもいい雑誌や本を持ち込んでのんびり読むのも至高のひととき。
(半身浴をするときは、肩が冷えないようにタオルをかけてくださいね。)

・頭がつかれているときは、メディテーションバスがおすすめです。
お風呂に持ち込む、ガラスの容器に入ったキャンドルを準備して。
お風呂場の電気は思い切って消して、キャンドルの灯りの中でゆったりと過ごしましょう。
これ、とっても気持ちが安らぎますよ。

(注意)
なお、お風呂にスマートフォンを持ち込んで、
ゲームをしたり動画を見るのは、できれば避けましょう。
リラックスするどころか、むしろ逆効果になってしまいますから。

おわりに

おうちセルフケア、今回はお風呂のお話をさせていただきましたが
いかがでしたか?
わたくし自身、お風呂が大好きで、
昔からいろいろとバスタイムを楽しく過ごすアイデアを考えていました。

バスタイムは何も身につけることなく、
ひとりでゆったりと過ごすとてもプライベートな時間。

せっかくですからいろいろ工夫して、
楽しく健康美づくりをしながらしあわせなひとときをお過ごしくださいね。

~お知らせ~

12月5日(火)10:30~12:30、
[セラピストアワーズ第8回定例セミナー]講師をわたくし矢田ふみが担当させていただきます。

テーマ「トゥルーラベンダー×東洋医学で体質別セルフケア」

このセミナーもテーマはご自宅でできるセルフケアですが、
一歩踏み込んだ内容をご紹介いたします!

詳しい内容は以下のリンクをご覧ください。
http://healing-island.jp/news/8th-seminar

ご参加のお申し込みは11月末で締め切っておりますが、
1~2名様でしたら前日までにご連絡をいただければ対応できます。

ご興味がございましたらぜひいらしてくださいね。

アロマ&ヒーリング ネロリ 矢田ふみさんの
トゥルーラベンダー×東洋医学で体質別セルフケア
http://healing-island.jp/news/8th-seminar

 

アロマ &ヒーリング ネロリ 矢田文
http://healing-island.jp/expert/200.html

 

 

ストレングスファインダー®の強み入門「もっと自分をたのしもう!」
http://healing-island.jp/news/strength-finder-introduction-to-strength

 

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

関連記事

最近のコメント

    PAGE TOP