セラピストアワーズ ジャパン オフィシャルブログ

サインに気づいて、元気な一年に!

2018/08/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

 

2018年 明けましておめでとうございます。
おかげさまで、セラピストアワーズジャパンを創りたいと クラウドファンディングで募って、
賛同いただいた皆様と一緒に活動を始めて2年目に入ろうとしています。
ご協力いただいた皆様やブログの読者の皆様、セミナーにご参加の皆様には、
お世話様になり、心よりお礼申し上げます。
メンバーの皆さんが綴られるブログも だいぶ積み重なってきましたので、
心身の健康関連について必要な時は、このブログがあったことを
思い出していただき、ご覧くださると嬉しいです。

私たちの これまで と これからの活動については、前回のブログで 理事の 矢田ふみさんが
まとめてくれましたので、こちらをご覧ください。
http://blog.healing-island.jp/2018/01/03/new-years-greetings/

顔の状態は体のサイン

今回の記事は、体に出てくるサインについてお話します。
20代後半以降、化粧のノリや崩れやすさ、お肌の吹き出物や乾燥、くすみなど、
その時期の生活によってお顔にサインが出ている経験は、
誰しも感じられたことがあると思います。
恥ずかしながら、私は健康産業に長く身を置きながら、初めてのお酒で3日酔いという失敗をしつつも、
その後も性懲りもなく 朝までコースで夜の街に繰り出しては、
化粧も落とさずに寝てしまったことも 若いころに経験済みです。
仕事も含めて過酷な生活での 不摂生がたたり、体調が悪くなり、
肌がボロボロに荒れてしまったり・・・と なさけない武勇伝(?)を持っています。
そんな自分自身の失敗経験からの情報ですので、全ての人に会っているとは言えません。
一般的に言われている情報と合わせてお伝えします。
なので、ここは自分には当てはまらないと思えるところは実践されないでください(開き直ってすみません。)

口元は胃腸のサイン

年末年始の多忙で不規則な生活や暴飲暴食などで 疲れが溜まっているのが胃腸。
そのトラブルが出やすい唇やその周りです。
たとえば、口の周りに出る吹き出物 は、特に胃などに炎症が起きているサインと捉えることができます。
不規則な生活や、偏った食生活、食べすぎて未消化物が残りやすくる・・
など胃に負担をかけると、炎症が起きやすくなります。
炎症が起こるということは、体温計で計ってもほとんど変わらないのですが、
内部では、熱がでています。自然の法則で考えると、熱は上に昇ります。
その昇った熱が口の周りに吹き出物となって表れると考えられます。

内臓の中で一番エネルギーを使うのが消化器。その消化器が疲れると肩こりなどの
筋肉の疲ればかりか、体全体の疲れにもつながります。また、食欲が減少したり、
食事が美味しく無くなると、生活の喜びはかなり減少し、心も疲れやすくなってしまいます。
サインを知って ヘルシーライフに活かせるものがあれば幸いです。

口の周りの症状と考えられる原因や対策

口やあごに吹き出物や湿疹が出やすい

胃腸が虚弱という方が多いと思います。口の周りに出来たということは、胃腸の粘膜でも炎症が起こっていると考えられます。また偏った食事(甘いものや油脂の多い食べ物などの摂りすぎなど)でも起こります。
胃腸が虚弱な人は、体が疲れやすくなる人が多いと思います。そのため甘いものを摂りたくなることも多いかもしれません。ストレスからでも胃腸が弱くなりますので、食事をしっかり噛んで消化しやすいようにして、睡眠時間などを十分とれるようになるといいですね。吹き出物が出来ているからオイルマッサージなどが出来ない事はありません。むしろ良質の植物オイルが老廃物のスカベンジャーの役目をしてくれますので、疲れがとれ難くでも病院に行くまでもない時は、セラピストに相談することをおすすめします。

口角のトラブル

口角がヒリヒリ・赤み・ただれ・切れている・・
胃炎の疑いがあります。
そうなる前に、しっかり噛まずに食事を摂ったり、食べすぎやストレスによることもあります。
胃の調子が悪くなる前に、食欲を異常に高ぶらせる傾向にあります。
そんなニセの食欲が出たら逆に食欲をセーブして、刺激の少ない食事をゆっくり噛んでたべましょう。
疲れてくると 味の濃い物や刺激物が欲しくなってきます。ジャンクフードが恋しくなったら要注意です。
もちろん、この時もさまざまなセラピーが役に立ちますが、ただれや傷などがひどく、
口が開けられない痛みなども出ていることがある場合は、
一度 病院へ受診して、症状を緩和することが必要かもしれません。

唇のガサガサ

唇は皮膚の様に汗腺や皮脂腺がなく、体の外に露出した粘膜といえます。
唇が乾燥してカサカサしたり、皮が剥けるのは、体や口中の粘液が少なくなってくるのに比例します。
また、体温が高めになっている状態が多いと思います。風邪や病気などで熱が出ている時や、
糖尿病で体温が上がったり、慢性的な胃炎、更年期の症状の一つでも氣が上って上半身だけ熱くなる状態の時、
加齢や疲労で体全体の体液が減少することも原因に上げられます。
原因によっても対策は変わりますが、疲れやストレスを溜めず、よく噛んで食事を摂る、
など 外からのケアとしては、唇を乾燥させないようにリップバームなどで保護しましょう。
また、アンチエイジングやホルモンバランスへのケア、ストレス緩和ケアなど、
さまざまなセラピーも功を奏してくれるはずです。

唇の色

唇は表皮が薄いため、血液の色を映し出します。プール時間、水が冷たい時に血流が悪くなり、
紫になったのを見たことがあると思います。自律神経の影響で、体が冷えると心臓や主要な内臓に
血を送って外側の血流を急激に下げて対処します。
このことは、ご存じかと思いますので、今回は意外と知られていない(かもしれない)赤と白をお話します。

〇白っぽい 貧血の場合が多い・・・
貧血対策の食事をよく噛んで吸収を高めること や ストレス対策、十分な睡眠なども必要です。
私は貧血で倒れた経験がありませんが、初めての職場の初日に緊張のあまり、貧血を起こすという人がいました。
また、寝不足や生理の時に貧血になる人も多いと思います。
→そんな時はお腹を温めるとずいぶん改善されると思います。

〇赤々としている
・疲労や老化で消耗して体内の水分が減り、体内温が高くなっている状態。
全身を赤くするほどまでの勢いがないので、唇以外でも頬、舌など局所的に赤くなることがあります。
口の中が乾くけど、大量に水は飲めない、疲労感、手足の火照りなどが出ることも・・・
→まずは心身の疲れを癒すことを定期的に続けた方が良いと思います。
体の疲れが癒されてくると心も元気になってきます。気力が少し湧いてきたら適度な運動を
少しずつでも続けることが必要です。
もちろん、バランスのとれた食事をよく噛んで食べることも大切です。
また、手足やお顔が火照る人は、本当は内臓に血液が行かないといけない時に、
手足に向かってしまうアンバランスな状態になっていることが考えられます。
自分のお腹などの芯が冷えていることを知らずに生活している人もいます。

・体全体が真っ赤になっていたら、エネルギーの過剰、感染症、
その他夏場などで熱が体から出ていけない状態も考えられます・・・
→夏場の熱射病のような全身時は、脇など大きな血管が通っていて
熱いところを冷たいものを当てて冷やすなどの対策が必要です。
感染症に関しては、セラピーだけでは難しい場面も多々ありますので、医療との両面で考えてください。
またエネルギー過剰の場合は、静かな場所でリラックスする、ゆっくり休むなど が必要です。
また刺激的な食事や経験や情報を避けるなどして、興奮を抑えることもおすすめです。

唇の赤み白み、どちらの状態に関しても、もちろん、さまざまなセラピーや役に立ってくれるはずです。
また、全ての症状において、健康的な消化器を保持するためには、よく噛むということが基本の基になると思います。
セラピストアワーズジャパンでは、心身両面のケアを行うメンバーが揃っています。
医療費の高騰がこのまま続くと近くない将来に国民皆保険制度も範囲が縮小されていくことが考えられます。
自分の体が病気になってからでは遅いので、多方面からのセルフケアとセラピストのケア等を合わせて行う
流れになってくるのではないかと思います。
2018年、心身共に健康に過ごしていきたいですね。

心模様が体に影響していることは 皆さんご存知の事と思います。
大小の様々なトラブルに見舞われることが無い方はいないでしょう。
どのような心持ちで過ごせるかということは とっても大切な事だと思います。

 

セラピストアワーズジャパン 2018年の予定

1月12日(金)神道式子育てセミナー
日本の心の原点 神道からの子育てセミナー を全国で活躍されている小坂達也 先生をお招きして開催いたします。
時間と情報の流れが速く、パラダイムの転換が著しい近年。今の時代に合った神道についてご講話いただきます。
子育てセミナー とはついていますが、部下を持つ方、社会でのコミュニケーションをスムーズにしたい方、
自分を育てたい方 など すべての大人におすすめです。
http://healing-island.jp/news/shindo-child-care-seminar


2月17日(土)セラピストのための医療セミナー at 東京・神楽坂
~目指す地域医療の連携~
http://healing-island.jp/news/medical-seminar-for-therapist-at-tokyo

近日詳細決定します

3月9日(金) セラピストのための撮り方講座
〜お客様に選ばれるセラピストの写真とは〜

3月21日予定  性の多様性を語ろう!
~LGBTについて~

 

セラピストアワーズ代表 高松 春后
http://healing-island.jp/expert/76.html

 

 


セラピストのための医療セミナー
at 東京・神楽坂
http://healing-island.jp/news/medical-seminar-for-therapist-at-tokyo

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Therapist Hours Japan Blog , 2018 All Rights Reserved.