「癒し」の一歩先へと

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

 

皆様、こんにちは!
心身魂のバランスケアサロン[アロマ&ヒーリング ネロリ]の矢田ふみです。
サロンでは、自然の植物の香りとオールハンドトリートメントを通して、
お客様の「心身+魂」を整えるお手伝いをさせていただいております。

1、かつての「癒しブーム」

「癒し」という言葉は、90年代後半~2000年代前半にかけてブームとなりました。
飯島直子さんらが癒し系タレントと呼ばれて活躍されていましたね。

この癒しブームの背景には、バブル経済の崩壊以後
多くの日本人が将来や暮らしに漠然とした不安を抱えていたことにある、
という見解が多くなされています。

たしかに、心をふわっと軽くして和ませてくれる「癒し系」のものたちは、
不安感をひとときでも忘れさせてくれる存在でした。

ブームに漏れず、その頃アロマセラピーの認知度も一気に上がりました。
わたくしがはじめてアロマセラピーを学んだのも2000年のこと。
どうしようもなく体調が悪く、精神的にもつらい時期でした。

それまでは体調を崩せば薬か病院かという選択肢しか思いつかなかったのが、
「自然の植物の香りが心身の症状に効果があるなんて、なんて素晴らしいんだろう!」
「こんなにナチュラルで心地よい選択肢があったんだ!」
と心の底からワクワクしたことを覚えています。

そのことが原点となって、今こうして健康でセラピストの仕事をさせていただけることは
わたくしにとって本当にありがたく、なにものにも変えがたい喜びです。

ところで、最近になってこんな感覚を覚えるようになりました。

「『癒し』だけではなくて、
一歩その先に進まなければいけない時期がいよいよやってきた気がする」、と。

2、「癒し」の一歩先にあるもの

もちろん、わたしたちセラピストはまさに「癒し」を提供する役割を担ってきたと思いますし
今もその側面は変わりません。

ご来店いただいたお客様に癒しのひとときを過ごしていただく

お客様は「あぁ、癒された~。」とおっしゃってお元気になって帰られる

再来店いただき、継続して心身のメンテナンスを担当させていただく

これまでずっとこういう流れで仕事をしてきました。

自分は心身のケアをお任せいただくプロなのだと自負してきましたし、
「サロンにご来店さえいただければ、お客様は横になっているだけでメンテナンスが完結する」
そんな場を提供することを目標にしていました。

ですが、わたくしたちを取り巻く社会情勢はずいぶん変わってきました。

日本はまもなく超高齢化社会に突入します。
「2025年問題」をご存知でしょうか。

2025年には団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という
人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎えるとされています。

このままいくとまず医療がパンクするともいわれており、
考えはじめると気持ちが沈みますし、途方にくれてしまうのですが・・。

少なくともひとりひとりにできることは、
「自分の健康は自分で守る」
「いつまでも元気で健康に生きられるように、何かする」
ことだと思います。

それを踏まえて
これからのセラピストの担う役割のひとつに、

「お客様がご自身の健康のためにご自身でできること(その方に合ったもの)を一緒に見つけて、
継続していけるように導いてさしあげる」

ということが大切になってくるのではないかと思っています。

たとえばですが、
その方のライフスタイルにあった(継続して実践できる)運動法のアドバイスや、
健康のためにまず変える行動をひとつ、お客様と一緒に考える
など

お客様と二人三脚でお客様自身の健康を現実的にプロデュースしていければいいなと思います。

3、自分の心身に関心をもとう

健康づくりのために大切なのは、
「自分の心身に関心をもつ」ことだと思っています。

とくに病気というわけでもなければ、

慢性的に腰が痛くても
週に何度も頭痛に悩まされていても
手足がいつも氷のように冷たくても

それが当たり前になってしまっていて
さほど気にもせず放置してしまっている方が案外多いのです。

ですが、
身体はそうやって何らかの症状でサインを出しているのです。、
サインに気づいて改善するためのアクションを起こしてあげれば
必ずよくなっていきます。

慢性腰痛の方は→  ストレッチと腰周りを緩める体操、腹筋と背筋のトレーニング
頭痛もちの方は→  首、肩まわりのマッサージとリラックスを促すアロマセラピー
末端冷え性の方は→ 食事の内容を見直す

あくまでも一例ですが、
たとえばこうしたアクションをひとつ起こして継続していくことで
当たり前だと思っていた症状が改善されていきます。
そして、実は当たり前ではなかったと気づくのです。

セラピストであるわたくし自身も、
つねに自分の心と身体の状態に気を配り
関心と責任を持つように、そしてアクションを起こしていくように
これまで以上に心がけたいと思っています。

4、セラピストの垣根を越えて

ちょうどこのように自分自身の考えが変化してきていろいろ考えていた頃、
まさにベストタイミングでの出会いがありました。

NPO法人 地域医療連携団体Needs 様 とのご縁です。

Needs様は
「New Hospitality」
「一緒に支えあう地域医療の実現」
「地域全体を病院と捉えた医療のかたち」

をコンセプトに、医療従事者の方々で立ち上げられたNPO法人です。

セミナーに参加させていただいたりしながら
医療現場、地域医療の現状について学ばせていただいております。

今後は、セラピストとして地域医療にも関わっていける方法を模索中です。

今日は固い話になってしまいましたが、
お読みいただきありがとうございました。

まだまだ勉強不足で何だかまとまりの悪い文章になってしまっていますが
セラピストとして、また今という時代を生きる一個人として
これからますます成長していきたいと思っています。

~お知らせ~

2月より福岡県北九州のFMkita-Qにて
NPO法人 地域医療連携団体Needs 様の ラジオ番組にて
同市在住の セラピストアワーズメンバーがMCを務めさせていただきます。

2月3日(土) 21:00~21:30
この日は初回になりますので、
セラピストアワーズ北九州メンバーがゲストとして出演させていただきます。
ぜひ聴いて応援していただけますとうれしいです。

 

 

アロマ &ヒーリング ネロリ 矢田文
http://healing-island.jp/expert/200.html

 

セラピストアワーズジャパン ランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island
 
・・*・・*・・*・・*・・*・・*

 

セラピストアワーズジャパン 2018年の予定


2月17日(土)開催地:東京都新宿区 セラピストのための医療セミナー at 東京・神楽坂
~目指す地域医療の連携~
http://healing-island.jp/news/medical-seminar-for-therapist-at-tokyo

2月19日(月)開催地:福岡県北九州市 温まることで 細胞レベルの若返り
~心も身体も穏やかに。免疫力アップが助けてくれる~
http://healing-island.jp/news/warm-rejuvenation


3月9日(金) 開催地:福岡件福岡市 セラピストのための撮り方講座
〜お客様に選ばれるセラピストの写真とは〜
http://healing-island.jp/news/photography-lecture-for-therapists

 


3月21日(水)開催地:福岡県福岡市 性の多様性を語ろう!
~LGBTについて~
http://healing-island.jp/news/variety-of-the-sexual

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

関連記事

最近のコメント

    PAGE TOP