春に色の効果を取り入れて 体調を整える

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

春ですね✨
春は桜や菜の花、春服など色とりどりの
ものが増えて、気分もあがりますね✨

写真を撮りにいくのも
ワクワクしています✨

私達の身近にある色は
私達の目を通して気分を上げてくれたり
季節を感じさせてくれます✨

何かと忙しいのも春です。
今日は色の効果で身体の不調を
緩和させる、色の取り入れ方を
ご紹介しますね(^^)

私達は太陽の光を目でみて
光を色として認識しながら
色を通して身体に波動を送りこみ
その波動が正常ではない身体の調子を
整えてくれる働きがあります。

10年以上もの研究結果で
分かっている事実です。

実は皮膚も色の波動を感じとる事が
出来る為、肌に直に身に付けることで
更に身体や心身の改善がしやすい事が
分かっています。✨

暖色系の色は暖かく感じたり、
寒色は寒く感じたりするのは
わりとみんな経験していますよね✨

色の効果は身体の不調にまで作用する
ので、上手にとりいれたいですね。✨

★色の効果★

腰痛に効くといわれているのは【黄緑色】

貧血や低血圧
アンチエイジングには【ピンク】

アレルギー湿疹【ターコイズブルー】

極度の緊張やパニック状態【淡いグリーン】

頭痛【ブルーラベンダーベージュの3色の組み合わせ】

胃腸不調や肌トラブル
消化器官の活発化【オレンジ】

肩こりや無気力、新陳代謝に。
冷えや血行が悪い時に 【赤】

その中でも、体調不良に広く効くのは【紫】で神経や免疫システムの障害(ガン)の治療にも使われています。

イライラした気分が落ち着く
という効果もあるようなので
ストレスを溜め込んでいる人には
もってこいの色です。

紫の色は身体の体温を調節する
機能もあります。

身体のバランスが崩れている時は
紫を身に付けてみると良いです。

体調不良を感じる時は、これらの色の力を信じ、積極的に部屋着や寝具など身近に触れる場所に取り入れてみると良いですね。

【黄】鬱の改善や記憶力に影響。消化系のトラブルを改善し、食欲を起こす。

【緑】沈静効果および神経系のバランスを整える。心臓疾患、高血圧、潰瘍といった疾患にもよい。

【青】高度の緊張を和らげる。呼吸器系の疾患および喉の炎症にもよい。

【藍色】副鼻腔炎や顔面のトラブルによい。藍色のエネルギーが増えすぎると、鬱症に。

色をとりいれた生活を
ぜひやってみてくださいね✨

最後までよんでいただいて
ありがとうございます✨

カラーキレイデザイン学講師  広松ゆか
http://healing-island.jp/expert/168.html

 

・・*・・*・・*・・*・・*・・*

 

セラピストアワーズジャパン 2018年今後の予定

 


2018.4.20 Women’s Care ~100年ライフはダイレクトに女性の活力アップ!~
http://healing-island.jp/news/for-woman-power-up-100-years-life

 

毎月第1土曜日21:00は、セラピストアワーズジャパン メンバーがMCをさせていただきます!
コミュニティFM放送局 FMKITAQ|エフエムキタキュー

http://www.ustream.tv/recorded/112504942

 

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

関連記事

最近のコメント

    PAGE TOP