セラピストアワーズ ジャパン オフィシャルブログ

やめたいのにやめられないのは、それがメリットだから

2018/08/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

セラピストアワーズ ジャパンのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

こんにちは。
北九州の心理セラピスト待鳥智美(まちどりともみ)です。
リトリーブサイコセラピーという心理療法で「あなたが本当に望む自分に戻る」お手伝いをしています。

夏日ほどの暑さの日、かと思うと、寒さの暴風雨という日もあったりしています。
体調を崩す方も多いようです。
お体にお気を付けくださいね。

仕事でうっかりミスを繰り返す

【仕事で、うっかりミスが多い。準備はきちんとしているのに、最後に失敗してしまう。
確認をしているつもりだけど、繰り返してしまい困っている】という方がいました。

失敗しては、怒られてイヤだ、でも、繰り返してしまうのは、どうしてでしょう?

『怒られるのはイヤだ、怖い。ごめんなさいと罪悪感も感じて、反省もしているのに。
いつまでたっても、信用されない、責任ある仕事をさせてもらえない、昇級できないのにまた…』と。

「うっかりミスをすることにメリットがあるからです。
自分で、ミスをすることを選んでいるからです。」
というと、そんなはずはないと思うでしょうか。

イヤなのに繰り返してしまう心理を見てみましょう。

繰り返す心理

逆に、ミスをせずにキチンとできてしまったら、彼女は何を感じるのでしょうか?

仕事ができたら、それに対して評価されます。
『ダメだと言われたら…、自分がダメな人間、できない人間と言われている感じがする。
そもそも、失敗することが怖い。』
彼女にとって、評価をされることは、彼女自身を評価されるように感じて怖いのです。

または、キチンとできたら、もっと高い要求をされるかもしれません。
今でもいっぱいいっぱいで、もう、これ以上は応えられない、もうできない、無理。
できない自分がバレてしまう。
彼女は、要求に応えられない、できない自分を知られることが怖いのです。

どちらにしても、無意識にですが、ダメな自分、できない自分には、価値がない、
そんな自分には居場所がない、生きていけないという不安や恐怖を感じています。
そして、こんな私が生きていてごめんなさいという罪悪感を感じてしまうのです。

彼女にとって、この不安や恐怖を感じることはツラすぎます。
また、罪悪感があれば自分は生きていいてもいいという、罪人のように生きる負荷を自分に課しています。

なので、
【ダメで無価値な自分、生きていけない恐怖を感じるくらいなら、ミスをして怒られている方がまだマシ!
怒られてごめんなさいと感じている方が生きていられる!】
とゆがんだ思い込みで、ミスをし続けることが、メリット(マシ、お得という感覚)になっているのです。

感じることが辛すぎる感覚を感じないでいられることや、生きていてもいいという条件を持つことは、
『毎日を何とか生きていく』ということにおいては、かなり手放しにくいメリットとなります。

でも、その生き方は、毎日をのびのび、楽しんで、自分のしたいように生きるということには程遠いものです。
その生き方は、本当にあなたが望む生き方なのでしょうか?

自分にある力を十分に発揮することなく、いつも怒られることや評価されることにおびえ、
罪悪感を背負っている生き方を、この先もずっと続けていたら、どうなるでしょう?

メリットを手放すためには

メリットを手放すことは、辛すぎる恐怖を感じることになるので、
いきなりメリットを手放すことに焦点を当てることはしません。
この生き方をやめたいと思った場合、このメリットを手放す〈恐怖〉と向き合うことになります。
リトリーブサイコセラピーでは、このメリットや恐怖を丁寧に扱います。
〈恐怖〉が薄くなっていくと、メリットの問題をもつ必要がなくなっていきますので、問題も無くなっていきます。

メリットを持つきっかけとなる恐怖や不安を感じるのは、
多くの場合、とても幼いころの家族とのかかわりの中です。
ねじれたり、不足したり、未完了だったり、鵜呑みにしてしまった感覚や感情を、解きほぐしていくのです。

最初の悩みからは、外れているように感じるかもしれませんが、
人の悩みや行動のクセは、感覚や感情からきています。
感覚や感情が変わらなければ、また、悩みや行動を繰り返してしまいます。

感情や感覚を扱うことで、根本的に悩みを解決することができるのです。
自分が問題や悩みを持つメリットに気づくところから、解決への道は始まるのです。

では、また。

〇リトリーブサイコセラピーについて…https://jnpta.com/retrieve-psychotherapy

〇日本リトリーブサイコセラピー協会の1dayイベント
【大阪】2018年4月15日(日)
「どうして私はこんなにキレてしまうのか~キレるには理由があります~」
キレてしまうのには理由があります。
どうして?から、どうしたらいい?まで、こころの中を詳しくお話しします。
残り数席となりました!
詳細は、コチラから↓
https://jnpta.com/seminar-event/201804-osaka

福岡県 心理と子育てのセラピールーム 「こころのまど」 待鳥智美 http://healing-island.jp/expert/223.html

・・*・・*・・*・・*・・*・・*

 

セラピストアワーズジャパン 今後の予定

 


2018.4.20 Women’s Care ~100年ライフはダイレクトに女性の活力アップ!~
これまで女性がまじめに話すことが少なかったデリケートゾーンのケアについて
専門家より現場の最前線をお話していただきます。
日本人女性は、世界の女性に比べて表面のケアはできていても
ほとんどが遅れていたという実態が明らかになってきました。
いつまでも活き活きと潤い輝く人生のために。。
http://healing-island.jp/news/for-woman-power-up-100-years-life

 

毎月第1土曜日21:00は、セラピストアワーズジャパン メンバーがMCをさせていただきます!
コミュニティFM放送局 FMKITAQ|エフエムキタキュー

http://www.ustream.tv/recorded/112504942

 

 

セラピストアワーズジャパンのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Therapist Hours Japan Blog , 2018 All Rights Reserved.