セラピストアワーズ ジャパン オフィシャルブログ

ストレスケアと自己受容のためのフェイシャルケア

 
この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

 

友だち追加
皆さま、こんにちは!
北九州市にあります心身魂のバランスケアサロン[アロマ&ヒーリング ネロリ]の矢田ふみです。
当サロンでは、自然の植物の香りのチカラを借りながらお客さまの心身の状態に合わせてその都度カスタマイズするオールハンドトリートメントを通して、
皆さまの「心身+魂」のバランスを整えるお手伝いをさせていただいております。

わたくしのサロンでは
全身のトリートメント(ボディケア)とお顔のトリートメント(フェイシャルケア)の両方を提供していますが、
どちらが人気かというとボディケアのほうです。

ボディケアをお選びになる理由をお聞きすると、
「顔よりも全身をトリートメントしてもらったほうが癒されそう」
「同じ値段なら、ボディケアのほうがお得感がある」
「お顔のコースはメイクを落とすのであとがめんどう」
「美容よりも身体の疲れを取るほうが大事」
などのお声をよくいただきます。

でも、実は・・・
フェイシャルケアは、単に美容のため、お肌をきれいにするためのものではないのです。
今日は、お顔のお手入れを通して内面までケアできる、というお話です。

1、フェイシャルケア=ストレスケア?

「フェイシャルケア」というと、「お顔のエステ」「美顔」をイメージされる方が多いようです。
もちろん、そういった一面も大いにあります。
フェイシャルケアを受けられたあとは、
確かにお肌のお色もよくなり艶やかになりますし、フェイスラインもすっきりします。

ですがわたくしは、
美容効果と同じくらい、あるいはそれ以上に「ストレスケア」としての効果が高いと認識しています。

どうしてサロンでのフェイシャルケアがストレスケアになるのでしょうか。

ひとつの理由として、
「ストレスを感じているとき、人は必ずお顔が凝っている」ということが挙げられます。
無意識に歯をくいしばり、眉間にも力が入っています。
ストレスを強く感じている方のの多くは、
ほおの筋肉が固くなり張っているため
本来の輪郭よりもお顔が大きくなってしまっています。

わたくしのサロンでのフェイシャルケアの基本的な流れは、以下のような感じです。

①まずクレンジングミルクで優しくマッサージするようにしながらメイクを落とします。
②ホットタオルでお顔を蒸しながら、タオルの上から軽くツボ押し。
③ホイップクリームのような泡のクッションでマッサージしながら、やさしくお顔を洗います。
④泡を拭き取り、フローラルウォーターでローションパック。
⑤お顔とデコルテののオイルトリートメント。ツボ押しも組み込んでいます。
⑥クリームパックで鎮静
⑦ローション、クリームでお仕上げ

これで60分間のコースです。

お顔を含め皮膚というものは、
滑りのよい何か(オイルやクリームなど)でやさしく撫でられると、脳が快刺激を感じます。
これがストレスのケアにたいへん効果を発揮するのです。

フェイシャルケアでは、
①のクレンジングの時点からすでにこの快刺激が始まり、最後まで続きます。

さらに、お顔には鼻がついていますよね。
オーガニックの植物由来の粧材ひとつひとつの香りがダイレクトに鼻から脳に伝わり、
アロマセラピー効果も抜群です。

つまり、
・ストレスで凝り固まったお顔の筋肉をやわらかくする
・優しく撫でられることによる快刺激
・ダイレクトなアロマセラピー効果

この3つの相乗効果で、フェイシャルケアはストレスケアとして大いに効果を発揮するのです。

2、お顔のツボ押しでセルフストレスケア

イラストをごらんください。
このように、お顔にもたくさんのツボがあります。
お顔のツボのよい点は、鏡で確認しながらご自分で簡単に押せるところです。
(慣れてくると、鏡を見なくてもツボの位置がわかるようになります)

ひとつひとつのツボはそれぞれが異なった効果を持ちますが、
細かい点については、ここでは割愛いたします。

というのも、「頭で考えず、とにかく押してみる」ほうが早いと思うからです。

サロンに来られるお客様にも
「ご自分でお顔に触れていて押して気持ちいいポイントがあったら、
適当に押してOKですよ。」とお伝えしています。

ツボ押しだけならメイクが崩れることもそんなにないので、
お仕事の合間などにストレッチ感覚で気軽に押してみられることをおすすめいたします。

とくに目の周りのツボは、
頭がスッキリするだけでなく
ちょっと疲れた印象だったお顔もイキイキと蘇りますよ。

3、「触れる」「触れられる」ことの心理的効果

臨床発達心理士で桜美林大学准教授の山口創氏は、
人と人との「タッチ(触れる)」に着目し、その驚くべき効果を著書などで発表されています。

山口氏によると、
「幸せホルモン」とも呼ばれるオキシトシンを分泌させるのに最も効果的な方法は
「触れる」「触れられる」ことなのだそうです。

このオキシトシン、
ストレスに晒されることの多い
そして人と人との関係が希薄になりがちな現代人にとって、本当に大事なホルモンです。

オキシトシンが分泌されると、心に変化が起こり
自然と気持ちが穏やかになり、優しい心に変わっていきます。

たとえば、小さな子が泣いているとき。
優しく撫でてあげたりハグしてあげると、
だんだん気持ちが落ち着いてきて最後には泣き止んでくれますよね。
これも「触れる」ことの効果の一例です。

もちろん大人同士でも、
あるいは自分で自分の肌に触れることでも(!)、同じようにオキシトシンは分泌されます。

ですので、
朝晩のセルフフェイシャルケア(クレンジング、洗顔、保湿、マッサージなど)は
丁寧にされることをぜひおすすめしたいです。
なお、メイクアップにも同じ効果が期待できます。

大切な人に触れるように、そっと優しく、鏡の中の自分と向き合いながら
自分の顔に触れる。
丁寧にお手入れやメイクをする。

このことが実は、ストレスケアだけでなく自己受容までに繋がっていきます。

「自分を愛する」
「自分を認める」
「自分に自信をもつ」

サロンでたくさんのお客様に接していると
これらのことがなかなか難しいと感じてらっしゃる方も多いです。

ですが、朝晩のお顔のお手入れがその助けとなってくれるなら
やらない手はないと思います。

「今日も綺麗ね。」「笑顔が素敵ね。」
と、鏡の中の自分を何かしらほめてあげることも、照れずに、忘れずに!
さらに自己受容効果UPです。

ぜひ、お試しください。

4、おわりに

いかがでしたか?

実はわたくし自身も、サロンでフェイシャルケアを受けるのが昔から大好きです。
(ボディケアも好きですが・・・)
それも、即効性のある機械を使うわけではないけれど
セラピストのぬくもりを感じられるオールハンドの施術のほうが好みです。

今回書かせていただいたような、
肌とこころの密接なつながりを前から本能的にわかっていたのかな?と思います。

とにかくすばらしいなと思うのは、
自分で自分に触れてもオキシトシンが分泌されるという点!

ぜひ、ご自身をかわいがってあげてください。
そして、お肌もこころもピカピカで、自信にあふれたいい状態を目指しましょう。

5、お知らせ

【ポルテボヌールアカデミー】のご案内

東洋医学の考え方にフランスの伝統的な薬草トゥルーラベンダーを掛け合わせたオリジナルメソッドが学べるアカデミーです。
テキスト編纂、講師として関わっております。

東洋医学×ラベンダーセラピー
~1DAYコース~
[おうちセラピスト・マインドタッチハンドケアコース]

福岡・東京・大阪の3都市で毎月開講しております。
香りに包まれながら、ご一緒にセルフケアを学びませんか?

詳細はHPをご覧ください!
http://www.lcdb.jp/?mode=f5

 

アロマ &ヒーリング ネロリ 矢田ふみ
http://healing-island.jp/expert/200.html

・・*・・*・・*・・*・・*・・*

 

セラピストアワーズジャパン

毎月第1土曜日21:00は、セラピストアワーズジャパン メンバーがMCをさせていただきます!
コミュニティFM放送局 FMKITAQ|エフエムキタキュー

http://www.ustream.tv/recorded/112504942

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Therapist Hours Japan Blog , 2019 All Rights Reserved.