セラピストアワーズ ジャパン オフィシャルブログ

『頼る人や指示してくれる人がいないと不安で何もできない』 幼少期の親子のかかわり 支配と依存の人間関係 気づきから始まる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

セラピストアワーズジャパン 紹介ページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

 

友だち追加

 

こんにちは。
福岡・北九州の心理セラピスト待鳥智美(まちどりともみ)です。

「頼る人や指示してくれる人がいれば安心」だからと、いつも頼る人を探していませんか?

・指示してくれれば動けるが自分で考えて動けない
・人に認められるために過剰に頑張る
・支配的な人に惹かれる、または拒めない
・自分よりも人を優先させる
・失敗や挫折から立ち直れない
・親から自立できない(経済的・心理的・社会的)
・子離れができない

これらは、「頼る人がいなければ不安」という感覚を常に持っているということです。

相手が離れて行くかもしれない不安も大きく、「あなたのために何でもする」と、自分よりも相手の機嫌を優先させるので、結局、安心はなく我慢ばかりで、疲れてしまいます。

○自分の人生なのに、自分の思うように生きられない
○常に誰かに頼らなければ生きていけない
○そもそも自分がどんな風に生きたいのかがわからない
という生きることの不安や苦しさが、常に付きまといます。

共通するのは、「自分で考え、行動することが苦手で誰かに導いてほしい」という考え方で、
自分を失くして、相手の支配を受け入れ依存する、という支配と依存のパターンを無意識に繰り返しているのです。

自分の自由に、充実した人生を生きるためには、無意識に繰り返す自分の思考・行動のパターンに気づいて、そこから抜け出すことが、必要です。

自分の幸せのために生きていけるようになりますよ。
 

幼少期の親子のかかわり

支配と依存パターンの生き方をするのには、幼少期からの親とのかかわり方がとても大きく影響しています。

次のような子ども時代に心当たりがありませんか?
 
○親が支配的でいつも親の言うことを聞かなければいけなかった
○親に過度に期待をかけられていた
○親がかわいそうだったので助けてあげたかった
○親が過保護、過干渉だった
○親のDVや虐待を目にしていたり、当事者だった
 
このような場合、
子どもは自分の気持ちや意見を持つことをあきらめ、親の意見を受け入れ、親に頼ることを選ぶしかありません。

自分の存在意義を親に委ね、親の支配を受け入れ、親に依存する=共依存という親子の関係です。

この選択は、その家庭で生きるために無意識で取った生き残り戦略で、その後も自分が生きるための思考パターンとなります。
大人になると「親」という対象が「誰か」になって繰り返します。

それが、最初に書いたような問題となって表出します。

 

支配と依存の人間関係

 
「あなたのためならなんでもする」
「あなたなしでは生きていけない」
「あなたは私がいなければ生きていけないのよ」
「私を見捨てないで」

支配と依存の思考パターンを持つ人たちの人間関係は
一方は、相手を頼り、相手のために尽くしながら、その人にとってかけがえのない存在なるという意味で心理的に支配もしています。

一方には、相手を支配することや、頼ってもらうことで自分の価値や有能感を感じる人がいます。
しかし、心の奥では相手に去られることをとても怖れているのです。
(暴力や束縛などのDVや、モラハラ、虐待なども当てはまります。)

支配する人(頼られたい人)と、支配される人(頼りたい人)で互いを満たす、支配と依存の共依存という人間関係を無意識に築きます。
自分では気づかないまま、楽だけど苦しい…、苦しいけど楽…という抜け出せない状態になります。

だからこそ、抜け出すには、自分が無意識に持つパターンに気づき、意識に上げることが、まず必要です。

 

気づきから始まる

 

自分の人生を自由に生きることは、この気づきから始まります。

心理セラピーでは、このように気づかない生きづらさの根っこを見つけ、自分の人生を生きる力を取り戻すことができます。
傷ついたり、無理をしていた自分の心を癒すことも必要ですね。

自分の生きる力を取り戻していくと、自分が生きたいように生きて、安心して幸せや充実感を感じられるようになりますよ。

自分の幸せを選ぶきっかけや方法を、ぜひ見つけてくださいね。
 
 

おススメの1dayセミナーが福岡にて開催されます。
リトリーブサイコセラピーという心理療法は、心のキズ(トラウマ)を扱うことをとても得意としています。
目の前で、リトリーブサイコセラピーのセッションを体感できる機会でもあります。
どなたでも参加いただけますので、ぜひ、チェックしてくださいね。
https://jnpta.com/seminar-event/201909-fukuoka
では、また~。
 

〇個人心理セラピーセッション、心理カウンセリングの詳しい内容・お問い合わせは、待鳥智美HPをご覧ください。

http://machidoritomo3-shinritherapy.com/
 

福岡県 心理と子育てのセラピールーム 「こころのまど」 待鳥智美 http://healing-island.jp/expert/223.html

 
・・*・・*・・*・・*・・*・・*

 

セラピストアワーズジャパン

セラピストアワーズジャパンのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

 
 
友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
紹介だけで集まった個性豊かな日本在住のセラピスト集団セラピストアワーズジャパンのメンバーが、各専門性からの目線で書いたブログです。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Therapist Hours Japan Blog , 2019 All Rights Reserved.