冬至から昔から伝わることの大切さを思う

セラピストアワーズのランディングページ
https://peraichi.com/landing_pages/view/healing-island

毎日寒くなりましたね。
寒いなかにもイルミネーションや
クリスマスのワクワク感が
心を元気にしてくれます✨

クリスマスの前に
昔から伝わる冬至があります。

今年は12月22日が冬至です(^^)

冬至とは、昼の時間が最も短く、夜の時間が最も長い日のことです。

冬至は「一陽来福(いちようらいふく)」
ともよばれます。

冬至を過ぎると、陰に向かう気から
陽へ向かう気へとエネルギーが変化します。厳しい冬から温かい春の訪れ、
厳しかった物事もようやく温かい光が訪れてくる合図の日でもあるんです✨

昔から伝わる冬至。
この日にカボチャやゆず湯に入ると
よいと言われるように、
寒い冬を乗り越える縁起かつぎを
していたのかもしれませんね。

小豆やかぼちゃを食べて、柚子湯に入る
日本古来の慣わしがあります。
昔の人のいい伝えは
ちゃんと生活に根付いていて、
人の体と心に効くものなっているから
すごいです。

保存がきくかぼちゃ小豆を食べることは、
冬に不足しがちな栄養分をとること。

柚子湯(ゆずゆ)は、
冬に実り、香りが強い柚子で、
邪気払いのため、だといわれています。

柚子のすばらしさを、
ちゃんと昔の人は知っていたのですね。
柚子の香りは、自律神経にきいたり、
脂肪溶解を促す効果もあるそうです。

そして「気」で考えるところでは
冬至は太陽の力が段々弱まって陰が最大に極まる日です。
そして、ここから「陽」に転ずる日。

大きな変化を起こせるエネルギーの日でもあるのです。

もし今、なにか現状から変化を大きく起こしたいと思っているのなら、
ぜひ冬至パワーを意識して
運がつく食べ物や習慣で
過ごしてみませんか?
柚子がないときは、柚子の香りの
アロマを入れのもおすすめです。

香りや色はDNAが記憶している
そうです✨
眠っている意識や才能が覚醒するかも
しれませんね。✨

昔からの言い伝えやしきたりは
生きる上で大切なことを教えてくれます✨
 

セラピスト講師 広松ゆか
http://healing-island.jp/expert/168.html

 

・・*・・*・・*・・*・・*・・*

 

セラピストアワーズ ジャパン主催セミナーのご案内

できることをさらに上手くできるようにする方が、
簡単で、しかも楽しいと思ったことはありませんか?
それは、「弱み」にフォーカスすると失敗を防ぐことができ、
「強み」にフォーカスすると、持っている能力が高まるからです。。
自分の強みを知り、意識して使うことで、さらに強みが磨かれていきます!

ストレングスファインダー®の強み入門「もっと自分をたのしもう!」
http://healing-island.jp/news/strength-finder-introduction-to-strength

 

子育ては喜びであり幸せであり、時には苦悩を抱えます。
神道に基づいた子育てを知ると、子育て中の人だけでなく、
社会生活においてのコミュニケーションにおいても大きな指針となるはずです。

神道子育てセミナー
http://healing-island.jp/news/shindo-child-care-seminar

 

セラピストアワーズのホームページはこちら
http://healing-island.jp/

関連記事

最近のコメント

    PAGE TOP